インクジェットInk-Jet

インクジェットプリントとは、プリンターを用いて一度に多色のプリントを行う事の出来る工法です。 インクジェットプリントの場合、版を作成する必要がないため、小ロットでも比較的安価にプリント加工を行う事が可能になります。 弊社では4種のインクジェットプリントを行う事が出来、最新のインクジェット染色機を使うことによって、今まででは再現することが難しかった写真の風合いを再現することに成功しました。繊維だけではなく、ガラス、キャンパス、建築資材などへのプリントも可能となっています。

染料インクジェット(1800×1000mmまで)

発色・堅牢度が非常に優れております。 注意点として、洗い処理必要なためボディに縮みが生じます。

顔料インクジェット(1800×1000mmまで)

安価かつスピーディにプリントを行う事が出来ます。また縮みも生じません。 注意点として、発色に限界があり、摩擦堅牢度も染料インクジェットに劣ります

抜染、着抜インクジェット(1100×450mmまで)

カラーボディの色を抜いてプリントを行います。色を抜いた部分は、真っ白ではなく味のある抜け方をします。また、抜いた部分に顔料を載せる着抜インクジェットも可能です。 注意点として、洗い処理必要なためボディに縮みが生じます。

白引きインクジェット(360×410mmまで)

濃色の製品に対して、白いインクを下地として載せる事で、鮮やかなプリントを行います。 注意点として、手触りがラバーのような雰囲気になります。

ご注文から納品までの流れ

Step.1プリントしたい画像の用意

画像は、Illustratorやphotoshop、あるいは写真などで提供して頂き、弊社にてプリント可能なデータへと加工を行い、プリント作業を行わせていただきます。その際の解像度は、200dpi以上必要となります。

Step.2プリント対象の素材の確認

綿100%であれば、問題は少ないですが別の素材の場合、プリントが困難な事がありますので、前もってご連絡頂けるとスムーズに作業を行う事が出来ます。

Step.3データ入稿・プリントボディの投入

ステップ1でご用意頂いたデータをメールで添付して送っていただきます。 その際、データをプリント出来る状態に加工するための加工費(¥3,000~)が発生します。 ボディに関しては、ご用意頂く場合が多いですが、個人のお客様におかれましては、 こちらで手配をさせて頂く事も可能となっております。 尚、オーダーの際に納品先のご連絡お願いいたします。

Step.4サンプル作成

プリントサンプルを作成し、お客様にご確認頂き、データの校正を行います。

Step.5量産・納品

ご指定頂きました納品先に、通常2週間程度でお届けさせて頂きます。(混雑状況によっては、前後する可能性がございます。)

染色ご依頼の注意点

ご注文・お問い合わせはこちらにお気軽に

お問い合わせフォーム